翡翠色の温泉|熊の湯温泉 熊の湯ホテル 公式サイト【ベストレート】|志賀高原・熊の湯スキー場

翡翠色の温泉

  • 料金と予約
  • 翡翠色の温泉
  • 選べる客室
  • 館内の施設
  • 地場の料理
  • 熊の湯スキー場
  • 交通と観光
  • よくあるご質問
  • English

熊の湯が温泉好きの方に選ばれる5つの特長

  • 特長1

  • 特長2

  • 特長3

  • 特長4

  • 特長5

碧落 -HEKIRAKU-

碧落 -HEKIRAKU-

碧落 -HEKIRAKU-

趣ある重厚な佇まいが印象的な桧造りの内風呂と滝が真横に流れる岩露天。開放的な青空を望めることから「碧落(へきらく)」と名付けました。

翠玉 -SUIGYOKU-

翠玉 -SUIGYOKU-

碧落 -HEKIRAKU-

桧造りの内風呂は「碧落」と同じ造り。広い湯船には翡翠色の湯がかけ流しで満たされています。外湯はサイズは小さいですが灯りを遮る造りで晴れた夜は星見温泉を愉しめます。

男女入替えスケジュール

12:30での日毎入替制となっております。

10:00~12:30は清掃時間です

  • 男女入替えスケジュール8月
  • 男女入替えスケジュール9月
  • 男女入替えスケジュール10月
  • 男女入替えスケジュール11月

泉質と効能

泉質

泉質1

含硫黄-カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩温泉

泉質2

弱アルカリ性(pH7.5)低張性 高温泉

泉温

源泉63℃、使用位置43℃

湧出量

毎分72リットル

加水

温度調節のため

加温

なし

循環

なし

消毒

なし

飲水

可能(ただし、湯呑み半分程度が適量)

効能

適応症

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、 やけど、動脈硬化症

禁忌症

急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、皮膚・粘膜の敏感な人(特に光線過敏症の人)、高度の動脈硬化症、高血圧症、心臓病

空気より重いガス(硫化水素ガス)が浴室内に充満しないように、内湯にも外気を取り入れています。

湯出口から流れる源泉は天然の化粧水!?

湯上りつるつるすべすべを体験しませんか?

  • 美肌その1
  • 美肌その2
  • 美肌その3

熊の湯温泉の由来・歴史

古来よりこの地で湧き出していた源泉は、現地の調査に訪れた幕末の蘭学者・松代藩士の佐久間象山により世に広く知られることとなりました。足に怪我を負った子熊が患部を湯にさらしていた等、この温泉を利用して熊が傷を癒しているという地元の逸話から、いつしか「熊の湯」と呼ばれるようになり、以来、歌人・与謝野晶子をはじめ、多くの文人墨客に愛され、作品の中にも当時の熊の湯の様子を伺うことができます。

熊の湯温泉の由来・歴史

日帰り入浴

料金

  • 大人(中学生以上)タオル付:1,200円
  • 子供(3歳から小学生まで):700円
  • 幼児(0歳から2歳まで):無料

受付時間

12:30〜15:30(平日)、12:30〜15:00(土・休日)

お願い

混雑時や繁忙期には、当日急にご利用をお断りさせていただくことがございます。お出かけ前にお電話などでお問い合せ下さい。受付開始時間が参りましても、諸事情によりご利用をお待ちいただく場合がございます。ご了承下さい。